スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のところの準備状況

今のところの準備状況ですが
現状ロッドは2セットで行きます。
それは追々更新するつもりです。

ルアーのチューンがまだ終わらない。
フック交換時にチョット太すぎるフックがありまして、切断するのに非常に手間が掛かる。途中サンダーでぶった切るかと思いましたが本体への損傷を考えてやめました。
追加パーツはありませんが、調律的な意味合いのものをいろいろと・・・

本日中古スポーツ店に行き、あるものを購入。
リールも物色しましたが、お目当てのものが無くスルー。


県内の状況、中々まとまった雨が降らず渇水状態。水通しがどの釣り場もイマイチ。ちなみに近所の川は水が堰を越えないくらいに水位が低い。これからの雨に期待する。

梅雨時期の釣りを楽しみたいけど、今年はどうも上手く事が運ばないのかもしれない。仕事の休みに関しても同じですが・・・

スポンサーサイト

エントリーしました

第6回FTDF-cupにエントリーしました。225さん主催のフォトトーナメントで期間は7/1から7/31の1ヶ月間
くわしくはこちら
今回はジョイント縛り

正直あまり使ったこと無い分野のルアーです。

ざっくりながら作戦は立てました。使うルアーも大体決めて、大会前にそろうよう手配(注文ともいう)

目標はウェイインできればと思っております。

いろいろ問題がありまして今まで魚のサイズあんまり測ったこと無いです。
写真上手く撮れるかなぁとか
それ以前に40台釣れるのか?とか

一応用意したもの
depsメジャー、滑り止めのウレタンシート

今後揃えなきゃいけないもの・・・釣りする時間と体力あと金・・・





というわけで今日は何箇所か釣り場を見てきました。
ただ、ホームが道路工事中で状況把握なりませんでした。あと長沼はプラグ引けるエリア少なすぎて除外。
いくらなんでも少なすぎるので、も少しエリア拡大しときます。

続き。(A君の場合)

前回のあらまし
6/16日の記事を参照にしてください。(リンクなし)


さて午後からの作戦。

まだマットになりきらない、ヒシに対してフロッグとかを・・・

車を停め、A君の思いを叶えるため、私のとった行動は・・・















帰りの運転に備えて















寝る

1/3より1/2というわけで、寝てました。




起きて状況を聞くと散発的にバイトはあるものの乗らない

気がつくと3時過ぎ、少し日が傾いてくる。

ほんで提案しました。
西側から伸びるシェードを叩くぞと・・・
a46-616.jpeg

a39-616.jpeg

上から46,39
ルアーはFAT IKA A君記録更新とのこと、おめでとうございます。
実際には46はエリア選択を私がして、T氏が見えバスを見つけ、A君が我先でキャスト。


その後私はずっとフリップしてましたが、さすがに先行2人もいれば何かが起こるわけでもなく。



ちなみに今回は・・・

釣れた魚ではなく釣った魚でした。

前回の釣行から状態の推移を予測し、狙い通りでした。

今回のタックル
Fenwick HMG70M-MF+Scorpion1500XT ナイロン5号
ALLSTAR BCM-6+Energy101SPT ナイロン5号
Fenwick EagleGT70MH+4007LP ナイロン6号
Powell Diesel72MH+EXO100spt フロロ16lb






軽自動車で行く、ダメ人間の旅(日帰り)

もともとT氏のリベンジの予定

同行者
T氏 フロッグで釣りたい30代後半
A君 仕事帰りに毎日釣りに行く20代前半


状況、先週の状況確認によりスポーン終盤、前日に少しだけ雨が降る。

先週発見した、ベイトを貯めるエリア(支流上流部)を基点に状況の変化と水の良し悪しを見ながらランガン


朝イチ。バズにて支流下流部から釣りあがるも反応薄いので上流部に移動(先週の魚をばらしたところ)

リビットでバイトを得るもラインブレイク。16lbフロロが切れました。おニューのラインですが理由はノット?
悔しさのあまり、テンションダダ下がり、地元農家の方々が草刈をするとの事、移動をする。
草刈の行われていない機場近くに移動する。
A君雷魚を釣り上げる。雷魚慣れしていないA君に代わりフックを外す、リリース後雷魚の持ち方などを指導する
その後反応も無く、またもランガン開始

移動してると草刈部隊のトラックが土手で脱輪、車を降り救出活動を行う、何とか救助成功

フロッグ場に到着して探ってない場所を一人離れて探索していると、ダイビングフロッグにてT氏が50を釣り上げる。
t50-616.jpeg

おめでとうT氏!! ぺっ


草刈も終わり支流上流部に再度向かうと先行者がいる。でも最奥なのでメインとしているエリアまで上っていく。

先行者が釣り下ってくるのでその場にステイしながら色々試す。草刈で刈られた草が岸際でシェードを形成しているので撃ちに変更。5gテキサスにて
y40-616.jpeg
ギリ40。

そんなこんなで飯食う場所を探しながらまたも移動すると別の支流の上流部超ドシャローの流れ込みでベイトがいっぱいいるのを発見。

1本だけあるイネ科の際をダブルコロラドのスピナベでドン
y43-616.jpeg

43でした。


ラーメン屋を発見し昼食をとる、昼食時A君がぽつり
「バス釣りたいっす」


疲れたので後半に続く。また明日






あうー

現地着4時半、少し寝坊しました。

南側のストレッチから流す。護岸と護岸こぼれにあるボサと周りのヒシを角度を変えながら上流に向かってひたすら上がっていく、3発くらいバイトはあるものの、乗らない。魚が小さい模様・・・

さらに上流に上がっていくとヒシが大分繁茂していたので、フロッグにチェンジ、アシとヒシをひたすらにフロッグで攻めていくもまたも小さいため、いたずらの様にアタックして乗らない


この時点でなんか嫌な予感・・・


支流を変えて最上流にたどり着く、川幅は狭いが水深は確保できているようだ。菱がないのでホグバスでチェックするも、ペラをつついて終わり、少しレンジを下げてみようと思い、スポットで上流に向かってキャスト。

着水後少し落として巻き始めるとガツンと来て、GC58Mを曲げる水深があるため下に突っ込んでいくがロッドのトルクが魚を持ち上げるのを感じる。ぶっちゃけ、ファイトが雑だった・・・

痛恨のバラシ、チラッと見えた魚は絶対45↑
そんなこんなで気がつくと9時を過ぎどんどん気温が上昇、シェードを責めようとフロッグとテキサスを用意する。
入れてみないと水があるかどうかわからないけど、ひたすらアシと菖蒲にテキサスを入れていく、たまに反応らしき音があるが完全に食わない。フロッグも朝と同様乗り切らない。

先日48を上げたところに移動し前回との相違点を観察・・・

水位は10cm程度下ってる。水色も濁りが入ったような感じがした。

ここで大いに困る。
スピニングに持ち替えて、まばらなアシの際にセンコーを落としていくと根掛かり・・・軽く煽るとバキッという音共に真っ二つ

その後一応3時くらいまでがんばるものの集中力なんかあるはずも無く帰宅。


泣ける・・・

タックルセレクト

68sel.jpeg
HMG70M+SM3000C ナイロン6号
GC58M+Morrum3600MAG ナイロン5号
COMPRE+ScorpionXT1500 ナイロン6号
Vendetta69ML+Caldia2506 フロロ1.75号

一応リグってあります。明日は晴れの予報。朝は水面、日が昇ったらシェードを形成するなんとかを何とかする。あと反応があったらフォローも忘れない。

マジでそろそろ一雨ほしい。本格的な雨が、
いつも持っていく重装備アイテムは明日は持っていかない予定。
やることは決めてあります。


結果は明日にならないとわからないけど・・・

久しぶりにソロ活動してきます。

長沼じゃないけどね・・・一応メジャー持って行きます。

誇大広告

朝2時起床現場4時着

本日は長沼ではございません。

ちょっと場所を変えてみました。
一応名前は伏せます(割とメジャーらしいですが、教えてくれた人などに配慮)
T氏が釣場の噂を聞きつけて行ってみました。
話によると、すげー釣れるらしい、しかもデカい、何でも釣れる。シーバスも上がる。

前々日あたりから、GoogleMapにて探索。
イメージ的には川と言うか、一応大型河川の支流、複数の水路の集合体。
下流域にあたるため潮の影響を受ける。
なんていうか・・・川

とりあえず目ぼしいところを地図で見ると複数の水路の合流点。上流側が魚ストックしてるんじゃねぇかなぁと推測、上流側をメインエリアにしようと決めました。

ぱっと見でエリアを三分割
上流域・・・水路の合流点で川幅広くなってる辺り
中流域・・・上流と下流の間にある。水路との合流域
下流域・・・大型河川との合流域

実釣

まず中流域のショアラインをバズで流す。さっくりチェック。無反応。ガードレールにリアバンパーを強打。心折れる

満を持して上流域へ・・・葦の塊が所々にあり、雰囲気はあるパラとヒシモがある。
何でも釣れると言われる割にヒシモがあるおかげで使うルアーが限られる。

結果リビットでどーんと出ました。岸際の葦にびったりくっついていました。アフターなバス
もんどりうって出たので雷魚かーと思ってましたがバス葦に巻かれつつも、耐えるFalcon最後は葦を解しながらランディング
6-2.jpeg

48でした。50あるかと思ったんだけど届かなかった。

その後ヒシがらみはリビット、薄いところはホグバスで探る(ホグバス1バイト)

風が強く、底物に手を出しづらい状況、中々決め手が無い。
T氏はスピナベ、バズ、フロッグ、ライトリグをローテさせながら2バイトをとるも魚が獲れず、でタイムアップ




T氏を送り届けホームへと足を運ぶが眠すぎで4時ころ終了


帰宅後2時間ぐらい睡眠

使用タックル
CARA 67MH+TournyTrail ナイロン6号 リビット用
Compre 68MH+ScorpionXT1500 ナイロン5号 ホグバス用
ProGlass 58M+Morrum3600MAG ナイロン5号 ワイヤー系
BCM-6+Energy101SPT ナイロン5号 プラグ用






結論
正直甘い話など転がってはいない。かなりメジャーフィールドできちんと釣る為にはそれなりに通わないと無理(当たり前だけど・・・)梅雨になり雨降ったら面白いはず。
初見の釣り場は対カバー性能は高くしておくのがよろしいかと攻めきれない、撃てないでは釣れるものも釣れないしそもそも底の変化探す時間あったら目に見えるもの撃ったほうが早いです。今回はCR723かGC58Mかなり迷ったけど、本当に必要だったのはHMG70Mだった葦越えやメンディング性能考えたら長めの竿が良かったけど、ショートレンジでテンポ良く広く探りたかった・・・多分また行く予定。その前に長沼にも行く。それよりも休みクレ
プロフィール

ダム改めタバコ親父

Author:ダム改めタバコ親父
釣りができる生活から釣りがある生活へ・・・
定年まであと20数年

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。